Car Maintenance

タイヤなら専門の通販サイトで買おう【ネット販売のメリットを解説】

簡単なので挑戦しよう

手順を覚えよう

作業員

自動車を買うことは大人の夢ですが、想像しているよりもかなりお金が掛かることを心がけておいて下さい。車の購入費用として、200万円は確保しなければいけません。購入後も、2年に1度の車検や任意保険、自動車税などが必要になります。また、オイル交換やタイヤも忘れてはいけません。タイヤは大体5年に1度くらいの頻度で購入することになるでしょう。走行距離が長い人はもっと短いスパンでの交換が必要になりますし、走行距離が短くて、タイヤの溝が残っていてもゴムは日差しで劣化しますので、5年で交換を推奨します。タイヤの交換はお店でやってもらうものという認識が強いですが、実は道具さえあれば自分でも十分可能です。必要な道具として、ジャッキとトルクレンチが挙げられます。ジャッキとは車の車体を持ち上げるために使用するもので、車を購入したときに付いてくることもあります。車の説明書にはジャッキの使い方が載っているかもしれません。ジャッキポイントにジャッキを当てて、ジャッキのハンドルを回して車を持ち上げます。地面から離れたタイヤのボルトをレンチで外せば、タイヤを取り外すことが出来ます。後は新しいタイヤを取り付けて、ボルトをトルクレンチで指定の力で締め付けます。トルクレンチはカチと音がするまで締めることで、指定のトルクでボルトを締めることが出来ます。このように、タイヤの交換は手順さえ間違えなければ誰でも出来る簡単な作業です。

表記を見て比較しよう

レディ

車はガソリンや電気などの燃料だけでなく、いろんな消耗品を使っています。代表的な消耗品はエンジンオイルやバッテリー、ワイパーのゴムなどが挙げられます。そして、最も高価な消耗品と言われているのがタイヤです。軽自動車やコンパクトカーなどのインチ数が小さいタイヤであれば、それほど高くないのですが、セダンやSUVなどになるとインチ数が大きくてとても高い買い物になります。タイヤは自分で購入してディーラーや車用品店、ガソリンスタンドなどで交換をしてもらうことになります。これらのお店は間違いなくタイヤの販売を行っているため、スタッフに相談をすればどのタイヤを購入すれば良いのか教えてくれますので初心者でも安心です。その際には、価格帯をチェックするようにしましょう。出費出来る予算をあらかじめ決めておくことで適切な購入が可能となります。車の性能を十分に発揮出来るタイヤを選んでもらいましょう。また、タイヤ選びの際には自分でもある程度の知識を持っておくことがとても大切になってきます。まず、タイヤにはインチ数があります。インチ数はもともと車に付いているタイヤサイズが最も車の性能を発揮してくれるサイズであると考えて結構です。しかし、見た目をカッコよくするために少し大きめのタイヤを付けることもよく行われます。また、エコタイヤは低燃費を実現するために効果的です。これらの知識を押さえたうえで適切なタイヤを選びましょう。その際には、出来るだけ複数の店舗を回ることがオススメです。より低価格で販売している店舗が見つかるかも知れないためです。

様々な点検方法

ミニカーを持つ人

車を購入したら乗りっぱなしになってしまっている人が多いですが、それはとっても危険な行為です。なぜなら、車はスピードが出ますので不具合が出るとブレーキが効かなかったり、スムーズに曲がることが出来なかったりして事故に繋がるからです。ちょっとした事故であっても相手が歩行者であれば、死亡事故になることも珍しくありません。そうならないためにも、日頃から自分で点検を行っておくことが必要です。実際に1年点検という2年に1度の車検とは別の自動車ユーザーによる点検が法律で義務付けられていることを知らない人が多いです。自分で出来る点検として一番やってほしいのがタイヤの点検です。タイヤは車の中でも唯一地面と接している部分なので、人の命に関わる大切なパーツです。出来れば車に乗る前に目視でタイヤが変形していないのかを確認することをおすすめしたいです。そして、週に1回はタイヤの溝が残っているかを確認することが安全に繋がります。スリップサインとは溝の残りが減ってきたときにタイヤの側面に現れる目印のことです。このスリップサインが出てしまったら、雨道ではブレーキの効きが悪く、スリップすることもありとても危険ですし、車検にも通りません。また、溝が残っていても、タイヤに亀裂が入っているとちょっとした衝撃でもバーストしてしまいますので、亀裂の有無も点検しましょう。空気圧はガソリンを入れる時にガソリンスタンドで充填する癖をつけましょう。自分で点検する時間が取れないという場合には、業者を利用するのも一つの手段でしょう。