Car Maintenance

タイヤなら専門の通販サイトで買おう【ネット販売のメリットを解説】

増えてきたネット販売

格安で購入できます

おもちゃの車

最近、テレビやラジオや雑誌でよく見たり聞いたりするのがタイヤのネット販売店の宣伝です。タイヤは車を購入したディーラーや、自動車パーツ販売とサービスの大型店や、タイヤ専門店で購入していました。これは個人では取り付けの作業が非常に手間で大変なことに起因しています。専門店などに行けば格安で販売していて、中古品も扱っていてそれなりに安く購入していました。これらの購入先では基本的にタイヤの代金と取り付け工賃が派生します。これに対抗する形で最近増えてきているのがインターネット販売専門店です。タイヤの仕入れにおいて中間マージンを省くことでコストダウンを図り、送料をうまく物流会社と提携し削減しています。実店舗で購入するより格安で買える事から一気に人気が高くなっています。インターネット販売で購入したタイヤは基本的に個人で取り付ける場合が多いです。専用のツールがあれば簡単に取り換えが可能ですが、一般的にはかなり大変な作業です。インターネット販売店はこの状態を鑑みてタイヤの取り付け提携先を全国に用意しています。取り付け工賃も格安なので実店舗よりも安くタイヤを購入し、取り付けが出来ます。また、古タイヤの回収も提携先と実施しているため処分などにも困ることがありません。インターネット販売店はただタイヤを安く売るだけではありません。きちんと取り換えや処分品の引き取りまでアフターサービスが最近ではきちんと行き届いています。

交換頻度を少なくする

婦人

新車を購入した当初は、当然全て新品のタイヤが装着してありますが、走行距離を重ねていくうちに装着位置の違いによって磨耗の差が表われてきます。実は、4本のタイヤにかかる負荷は全て均等ではありません。現在の国産車の主流はフロントエンジンフロント駆動の、いわゆるFF方式で、重量物であるエンジンはボンネットの中に納まっており、その加重はフロントタイヤで受けています。一説によると、リアの倍以上の加重を受けているとも言われています。さらに、そのエンジンからの動力を伝えられて駆動するのも、ドライバーがステアリングを切ることによって、方向を帰るために方向を変えるのもフロントタイヤです。路面の状況も影響します。日本の道路は、若干左側に傾斜して作られています。道路の横断面を見ると、センターラインを頂上にして、左右に低くなる、山形をしていることが分かります。そのため、車の左側のタイヤは右側に比べて大きな負荷がかかります。この2つの条件を統合して考えると、日本を走っている車は左のフロントタイヤに一番大きな負荷がかかるため、最も磨耗が激しいと言う事になります。ローテーションは、この磨耗の程度を出来るだけ平準化するために、4本の装着位置を変えるものです。一方、タイヤ交換とは、一度ローテーションをした後の使用に対して磨耗したタイヤを、全て新品と取り替えたり、必要に応じて夏用タイヤと冬用タイヤを交換したりする事を言います。

安全性と燃費の観点から

男女

公道を走るための乗り物は数多くありますが、それらのほとんどにはタイヤという重要なパーツがついています。それは個人が所有する自動車でも同じことで、安全に運転するためにはきちんとメンテナンスをおこなわなければいけません。『スリップを防ぐための溝が摩耗でなくなったりひび割れが起こったり』と、見た目でも取り替え時期を教えてくれるため、トラブルが起こる前に交換することをおすすめします。また、自動車のガソリン費用を少しでも節約したいのなら、タイヤの空気圧を定期的にチェックすることを推奨します。タイヤには適切な空気圧が設定されていて、その数値にあわせることで一番燃費がよくなるからです。ちなみに適切な空気圧はタイヤ自体に記載されているのではなく、数値が記載されたシールが車両に貼り付けてあります。多くの場合は運転席のドアの部分にあるので、空気圧が分からない方は確認してみるとよいでしょう。そして、タイヤに空気を入れるためのもっとも簡単な方法は、ガソリンスタンドで給油するときにスタッフに頼むことです。無料サービスでおこなってくれるので、余計な費用をかけずに調節してもらえます。また、セルフ式のガソリンスタンドでも、空気を入れる機器が設置されているため自分でタイヤの空気圧を調節できるでしょう。なお、空気を入れてから抜けるまでの時間が短くなってきたら、そのときもタイヤを交換する時期に差し掛かっているといえます。